食べるの大好き!しあわせな離乳食

2人目の子どもの離乳食は、仕事もかねて、記録をつけながらやっていました。
食べるの大好きで、いつも笑顔で一生懸命食べるわが子が可愛くて、思わずビデオを
とってしまったり・・、一緒に応援してあげる気持ちで楽しんでました。

9ヶ月過ぎると手づかみ食べガできるようになるので、人参や大根の角切り煮や
ステイックパンなどつかみやすいものを皿に少しずつのせてあげます。
汚しながらも日に日に上手に食べられるようになっていくのです。

がんばらなくても、薄味の煮物や穀類中心のメニューを、
どろどろ~フワフワ~つぶつぶ~コロコロと食べる機能の成長とともに
進めていって、味覚や咀嚼の基礎を作るお手伝いをしてあげれば、きっと
食べるの大好きな子になると思います。
離乳食が穀物、野菜から始まって徐々に豆腐と白身魚が食べられるように
なるのって、大人になっても体への負担が少なく、必要としているものの順番なのだと
気づくと、離乳食も特別なものではなく、家族みんなで穀物と野菜中心にすれば
いいのだなと思うようになりました。授乳中の母の体調もよく、母乳もよく出たことを
実感すると、そのよさがわかります。

せっかく作ったのに食べたくれない・・・そんな時もあります。
一人ひとり違う個性があって、マニュアルどおり行くわけがないのです。
何事もそうですが、離乳食においても、「こうあるべき」という答えはないと思っています。
その子のことをよくよくみて、声をかけ、つまづいたときは原因を探っていろいろ工夫
してみることが大切で、それこそ親子の幸せな、貴重な時間なのではないかなぁと
思います。

d0128268_0195819.jpg

d0128268_0202082.jpg

d0128268_0204281.jpg

d0128268_021660.jpg

d0128268_0144442.jpg
d0128268_015440.jpg

[PR]
by mnaturalcooking | 2008-05-12 00:21 | 離乳食 | Comments(0)

管理栄養士mihoのおいしいたのしいナチュラルレシピ


by mnaturalcooking
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31